2019年度 宣教標語

“神の言葉に根をおろす”

コロサイ 2章7節

大切にしていること

1.神と親しく生きる

2.キリストのからだ=神の家族を喜ぶ

 

3.私たちの世界を尊び、愛する

牧 師
​清野使門(せいのしもん)
1978年生まれ
2016年4月より前橋聖契キリスト教会牧師
妻・結実子と一女四男の七人家族​
リ ン ク
 
Art.rinho
当教会に集っている鈴木邦浩さんのサイトです。進行性筋ジストロフィー症と闘いながら、水彩画を描いています。サイト内のギャラリーページで植物画を見ることができます。また、当教会の「多目的室」では、作品を常設展示しています。
賛美のYouTube
当教会で奏楽も担当している狩野光さんのYouTubeチャンネルです。教会福音讃美歌を中心に、様々な賛美をアップ中です。奏楽者のいない集会などで用いていただきたい、という願いで作られています。
オーディオ・バイブル・ジャパン
毎日、聖書の朗読とショートメッセージが更新されています。
​スマホやタブレットのアプリバージョンもあります。
所 属 / 協 力 / つ な が り
 
私たちは 日本聖契キリスト教団 に所属してます。
群馬県内には他に、渋川市(渋川カベナント教会)、伊勢崎市(伊勢崎聖契キリスト教会)、高崎市(高崎カベナント教会)に日本聖契キリスト教団の教会があります。
県内には、日本聖契キリスト教団が所有する 赤城バイブルキャンプ (前橋市)もあります。
また、​私たちはテレビ番組 群馬ライフライン に協力しています。
毎週日曜日午前7時から7時30分まで。群馬テレビにて放映中。
歴 史
 
*1963~1967 ウェストバーグ宣教師
 「前橋クリスチャンセンター」設立
*1965~1968 クリスターソン宣教師
*1968~1971 クリステンセン宣教師
*1968~2016 松本芳三牧師
 名称を「前橋聖契キリスト教会」へ変更(1969年)
​*2016~ 清野使門牧師
私 た ち の 信 仰
(以下の項目は日本聖契キリスト教団発行が発行する「カベナントの主張」に準じています)
 
1. 神のことばの中心性
私たちは、聖書が信仰、教理、行為の唯一完全な模範であると信じます。変革をもたらす神のことばのダイナミックな力は、教会とキリスト者の人生を導きます。神のことばが中心であるゆえに、教会は多様性を認めます。また、神のことばが中心であることは、教会があらゆる憐れみと慈しみと正義の行為を実行する動機となります。
2. 新生の不可欠性
キリストにある新生とは、キリストにコミットし、赦しと受容と永遠のいのちを受け取ることを意味します。それはキリストにあって生きることを意味し、このいのちは愛と義、喜びと平安の特質を有しています。新生ははじまりに過ぎず、キリストにある成熟へと成長することは、個人の共同体の双方にとって生涯続くプロセスです。そして神は、キリストによって変革された人々を通して、世界を変革します。
3. 教会の包括的宣教に対するコミットメント
宣教のわざは福音伝道、キリスト者の育成、憐れみと慈しみと正義のわざを含みます。そして私たちは二つの中心的な召しに従います。ひとつは大宣教命令(マタイ28:19-20)であり、全世界に出て行ってキリストに弟子を作ること。もうひとつは、二大基礎律法(申命記6:5、レビ19:18)であり、神である主を愛し、隣人を自分のように愛することです。
4. 信徒の交わりとしての教会
イエス・キリストに対する個人的な信仰の告白こそ、私たちの教会の会員籍です。それゆえ、それはすべてのキリスト者に開かれています。私たちは洗礼と聖餐を尊び、実行します。また、私たちのすべてが神の祭司(万人祭司)として、教会の宣教を共有すると共に、神は特定の人々を専門的な、あるいはフルタイムの働きに召すことを信じます。教会は機関や組織、建物ではなく、イエス・キリストのいのちと宣教に参与するキリスト者の恵みに満ちた交わりであり、私たちは神の前に平等な家族です。
5. 聖霊への自覚的依存
私たちは、父・子・聖なる唯一の神という三位一体を信じます。新約聖書は、聖霊が個々の内側と、私たちの間の両方で働くと教えています。聖霊は私たちに働きかけ、キリストへの起こさせ、キリストが内に住んでいることを確信させます。聖霊はキリストへの従順を可能にし、私たちをキリストのからだへと一致させます。また、世界における継続的なキリストの宣教を可能にするのは、私たちの内にいる聖霊です。聖霊は私たちに霊的な賜物を分け与え、キリストのからだとして私たちを結び合わせます。
6. キリストにある自由の現実性
キリストにある自由は神からの賜物であり、神および他者との正しい関係として現れます。それは、利己的に用いるためのものではなく、共同体とこの世に仕えるために与えられるものです。この自由はまた、分裂を引き起こしやすい私たちが、そこから解放されることを意味しており、実践的な事柄において互いが異なっていてもよいという、互いに対する自由をも提供します。私たちは自分たちを分割するものよりも、キリストに従う者としてひとつにするものに注目するように努めます。

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com